膝 関節痛

変形性膝関節症にヒアルロン酸を注射するのはなぜ?

ヒアルロン酸の関節内注射には、関節液を正常な働きに近づけ、関節の働きを改善し、痛みや炎症をやわらげるからです。

 

ヒアルロン酸とは?

関節液の成分であるヒアルロン酸は、潤滑油として動きを滑らかにしたり、クッションのように膝の衝撃を緩和したりします。

 

性ジョイうな関節液に近い高分子量のヒアルロン酸が効果的と言われています。

 

高分子ヒアルロン酸の関節内注射の効果

  • 膝の痛みを軽減する
  • 炎症をやわらげる
  • 軟骨を保護する
  • 膝の動きを滑らかにする

 

膝に水が溜まったら、水を抜くと癖になるって本当?

水を抜いても癖になる事はありません。
水を抜いてから溜まるものではなく、膝の炎症が続いているから水が溜まるのです。
膝に多くの水が溜まると、膝関節の働きが悪くなります。

 

膝にたまった水(関節液)を抜く3つの理由は?

1.関節液を調べる

水(関節液)を調べ、原因となる病気が変形性膝関節症かどうか診断します。

2.症状の悪化を防ぐ

水を抜くことで、膝関節の働きを改善します。

3.ヒアルロン酸を注入する

ヒアルロン酸の効果で変形性膝関節症の症状を改善します。
水を抜いて関節液内のヒアルロン酸濃度を高め、効果をあげます。